金銭的損失出しても精神の健康のために離婚

「離婚で大金を得る」なんて、一部の富豪だけだと思っておいた方がいいですよ。たいていの夫婦は離婚をしたら、どちらかといえばお金を失う方ですからね。もちろん、すべての夫婦がそうだとはいいませんけれど、しかし相手が圧倒的な有責で離婚するとか、相手がメジャーリーガー級のお金持ちだとか、そういった好条件でもない限り、離婚をすることにより自分自身の財産は結局トータルするとマイナスになる場合が多いですから。たとえ慰謝料でいくらかとれたとしましても、弁護士費用を考えますと離婚によりお金は増えない人がほとんどだったりしますから。

しかし、損切りしてでも離婚はした方がいいことだって多いですからね。お金のことを考えて、ストレスを抱えながら結婚生活を続けたって、損失が多くなっていくだけですから。それよりも「損切りは早めに」として、離婚を思い立ったら早く動く方がいいのです。「離婚とは多少のお金の損失は出るものだしゃーない」ぐらいに割り切って乗り切りましょう。離婚はパワーが必要ですから。